大和田獏・妻岡江久美子さんとのつらい別れを告白「まだ納得いってない」

当ページのリンクには広告が含まれています。
題名

俳優の大和田獏が4日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金・午後1時)に出演。20年4月に新型コロナウイルスによる肺炎のため亡くなった女優の岡江久美子さん(享年63)への思いを語りました。

岡江久美子さんの訃報が届いた瞬間、多くの人々がショックに包まれました。その理由と、岡江さんが新型コロナウイルスによって亡くなった背景について考えてみましょう。

岡江久美子さんの突然の訃報のいきさつ

日刊スポーツより

 大和田がテレビで岡江さんへの思いを語るのは初めて。「もう3年半近くたっちゃったんですけど、まだなんかね、納得いってないっていう感じなんですけど。突然でしたからね」と吐露。「なかなか話す気持ちになれないっていうのが正直な気持ちで。まあ徹子さんの前なら話せるかなということで」と番組出演を決めたと明かした。

報知新聞社より

私もこのニュースを聞いた時、岡江さんの突然の訃報に驚きと悲しみを覚えました。岡江さんは私たちの世代にとって、明るさと笑顔の象徴であり、その元気さがコロナの影を一瞬でも晴らしてくれる存在でした。

20年4月、仕事のため地方にいた大和田のもとに岡江さんから「熱が出た」と電話があった。大和田が急いで帰京すると、岡江さんは熱が下がっていなかった。翌朝病院に連れて行くと「血中酸素ですか。あれが低いと。先生も少し青くなって、入院した方がいいかもしれないって」。すぐに病院を探し、受け入れてくれる大学病院に救急で入院した。そして岡江さんは集中治療室(ICU)に運ばれ、全身麻酔で人工呼吸器を装着。「入院した後はお見舞いもいけないし、何も持っていけない。ただ1日1回夕方、先生の方から電話が来て様子を聞かせてくれるっていう日々が続いたんです。その時が一番つらい時期だったですね。精神的に」と振り返った。

報知新聞社より

大和田獏さんは、岡江久美子さんの訃報について初めてテレビで語りました。彼が岡江さんの思い出を語る場面には、その深い絆と感情が滲み出ています。岡江さんが「熱が出た」との電話をかけ、大和田さんが帰京してからの出来事は、彼らの絆がいかに強かったかを物語っています。

病院からの連絡を待って携帯電話を握りしめる日々が続き、「朝電話があって、先ほど亡くなりましたと」と電話で訃報を告げられた。1人だけ遺体と対面できることになり、大和田が対面。「もう袋みたいなところに入って、ここ(顔)だけビニールの透明なのがついてて顔は見れたんですけど、まぁそれだけだった。それで遺骨で帰ってくることになっちゃったんですけどね」と振り返った。

報知新聞社より

ニュースに関するコメントから引用すると、「岡江さんがコロナで亡くなることが信じられなかった」「当時コロナに対して怖いのと憎いイメージを強く感じました」「遺族にとっては何年経っても受け入れられなくて当然でしょう」といった声が寄せられています。

このコメントからは、岡江久美子さんが明るく元気なイメージの女優であり、コロナ禍における感情がどれほど複雑だったかが伝わってきます。

新型コロナウイルスは、私たちの生活に大きな影響を及ぼし、多くの人々を奪い去りました。岡江久美子さんの訃報を通じて、私たちはその現実を改めて受け止める機会を得ました。

この出来事から、感染症の深刻さと、命を大切にすることの重要性を改めて考えさせられます。

岡江久美子さんの思い出とケジメの重要性

岡江久美子さんが亡くなってからの日々、大和田獏さんとその家族にとって、思い出とケジメを大切にすることが語られています。

岡江さんの訃報を受け、大和田さんは音楽葬「スマイル!岡江フェスティバル」をオンラインで開催し、最後のお別れをしました。これは岡江さんに対する敬意と感謝の表れであり、彼女の思い出を大切にするための一環でした。

「やっぱりケジメってのは必要なんだなと思いますね。今までお葬式なんてねって思ってましたけど、大事な1つの節目として必要なものなんだよねって」と突然の別れに戸惑いがあったという。そして一周忌となる21年4月23日、音楽葬「スマイル!岡江フェスティバル」をオンラインで開催した。「我々が唯一できた送別、儀式でしたね。やってよかったなと思ってます。特に娘は1つ区切りが付けられた」と大和田。

報知新聞社より

ニュースに関するコメントから引用すると、「やっぱりケジメってのは必要なんだなと思いますね」「我々が唯一できた送別、儀式でしたね。やってよかったなと思ってます」「特に娘は1つ区切りが付けられた」とあります。これらのコメントからは、ケジメをつけることが喪失感を和らげ、亡くなった人への最後の思いを伝える重要性が浮かび上がります。

岡江久美子さんの訃報を通じて、私たちは命の尊さと大切さ、そして思い出とケジメの重要性を再確認しました。彼女の明るい笑顔と素晴らしい演技は、私たちの心に永遠に残ります。

岡江久美子さん1周忌ニュース記事

大和田獏さんが岡江久美子さんについて語る姿が、多くの人々の心に残りました。二人の深い絆について考えてみましょう。

俳優の大和田獏と岡江久美子さんの深い絆

現在は娘の女優・大和田美帆と孫と同居する。「1つ残念なのは、あの人(岡江さん)のもっと老けたおばあちゃんを見たかった。それだけがちょっと悔やまれますけどね」としみじみ話していた。

報知新聞社より

本当のおしどり夫婦でしたよね。 あんなに周りをパッと明るく出来て気さくでキレイで。そんな人が突然居なくなったらと思うと本当にお辛かったと思います。 おばあちゃんになった岡江さん、私も観たかったです。

Yahoo!ニュースコメントより

ニュースに関するコメントから引用すると、「夫の獏さんの心痛は察するに余りある」「そう簡単に立ち直ることはできないと思うけど時間が少しずつ心の隙間を埋めていってくれると思います」とあります。

大和田さんがこの難しい時期を乗り越えることは容易ではないでしょうが、岡江さんとの絆が彼を支え、時間が穏やかな気持ちへと導いてくれるでしょう。

大和田獏Instagramより

...

まとめ

岡江久美子さんの訃報によって、多くの人々が驚きと悲しみに包まれました。彼女の突然の失去は、新型コロナウイルスの影響を改めて感じさせ、命の尊さを考えさせられる出来事でした。

また、大和田獏さんと岡江さんの深い絆、そして思い出とケジメの重要性も、このニュースから学びました。

岡江さん、どうぞ安らかに..ご冥福をお祈りいたします。

題名

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!