手持ち花火バケツの代わりになる代用品で荷物と後片付けを超ラクに!

当ページのリンクには広告が含まれています。
題名

家の前や河川敷などで手持ち花火を楽しむ時、バケツってけっこう後片付けがめんどうだったり、持っていくのに大きくて荷物になったりしますよね?

今回は花火を楽しむ際のバケツ代わりになる代用品をご紹介します。

夏の花火を楽しもう~!

目次

手持ち花火に必需品のバケツの代用品

バケツの代わりになる代用品①牛乳パック

どの家庭にもだいたいひとつはあると思いますが、「牛乳パック」です。

牛乳である必要はないんですが、オレンジジュースやコーヒーだったり。飲んだ後すぐたまってしまいませんか?

バケツ代わりに使う時は牛乳パックの軽く中を水洗いして、口を全部開け、水を半分くらい入れて使います。

使い終わった花火をその中に入れておき、全部終わったあとに中の水だけ捨ててしまいましょう。

中の水を捨てる際は、牛乳パックの口を軽く閉じて花火のカスが一緒に飛び出ないようにゆっくり捨てるようにします。

あとは牛乳パックの口をガムテープで閉じてしまってゴミに捨てるだけ。

大きなバケツを使うより後片付けもはるかに楽ですよね~!

バケツの代わりになる代用品②ペットボトル

牛乳パックが家にないよ~という方にはペットボトルでも代用できます。

そのままでは口が狭いので、ペットボトルの口の部分をカッターで切り取り、万が一手を切ってしまったりといった事のないように切り口にビニールテープなどを巻いて保護しておきます。

この中に半分くらい水を入れ、花火が終わったら入れていきます。

捨てる時は花火の火が完全に冷たくなってから花火をビニール袋等に捨て、細かいカスが流れないように水を捨てます。

使い終わったペットボトルは各自治体別に確認して捨てましょう。

close up photograph of two person holding sparklers
Photo by JESHOOTS.com on Pexels.com

バケツの代わりになる代用品③花火固めてポイ

こんな便利な商品がAmazonで一か月に300個以上売れていました。(2023年7月29日現在)

こちらは花火の後片付けをカンタンにする、簡易型使い捨てバケツ。 ペットボトル1本分(500 )の水を入れて凝固剤を入れると、ジェル状に固まり、あとは遊び終わった花火を袋に捨てるだけです。

終わった後の水を捨てなくていいのはめちゃくちゃ便利ですし、キャンプや出先で手持ち花火を楽しみたい時にも便利!

「はなび固めてポイ」を購入するついでに手持ち花火を一緒に購入しておいてもいいですね!

   手持ち花火セット 約48本入り

  • 発売から12年また買いたい手持花火部門No.1!燃焼時間がなが~く大満足の花火セット。
  • 花火の長さと燃焼時間がダブルで長い!5変色、6変色、7変色からなんと10変色まで!!
  • 手持ち花火 約48本入り

まとめ

手持ち花火のバケツ代わりになる裏技をご紹介しました。

ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

2023年の夏を楽しみましょう~!

最後まで読んで下さりありがとうございました

題名

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次